安心・安全な国産ドッグフードの選び方!市販で購入するときの注意点

ドッグフード

「国産」と書かれた食品にたいし安心感をもつ私たち

もしも同じ素材で同じ価格なら、あなたは国産と外国産どっちを選びますか?

きっと間違いなく「国産」を選ぶでしょう。

それだけ日本で作られたものに安心感を持っている私たちは、一緒に暮らす大切な愛犬のドッグフードも、国産なら安心して購入できる方は多いはずです。

では、本当に国産ドッグフードは安心で、外国産のドッグフードはダメなのでしょうか?

今の日本は外国産のドッグフードも数多く販売され、お値打ちな価格で販売されているものも増えました。

愛犬のためにドッグフードの選択肢が増えるのは、飼い主としてはとってもありがたいのです。

でもなかには「できるだけ愛犬に食べさせたくない」配合のドッグフードもあり、残念なことに私たちが安心だと思っている国産ドッグフードにも粗悪なものは沢山あります。

そこで、どんな国産ドッグフードに注意したらいいのか?

愛犬の健康のためにどんな国産ドッグフードを選んだらいいのか?

国産・日本産ドッグフードを選ぶときの注意点とポイント、そして国産無添加のおすすめドッグフードをご紹介します。

手頃な価格で購入できる国産ドッグフードの危険性

ドッグフードを待つ犬

価格・パッケージ・CMでの認知度、そして細やかな年齢設定などで人気の高い国産ドッグフード

どのドッグフードもお肉がたっぷり!栄養バランスの良さ!食いつきがバツグン!といった特徴を掲げていますが、原材料を見てみると「お肉」の量・質ともに満足できるものではありません。

また使用されている肉類にはミール系が多く使われているため、どの部位が混入されているのかが心配になります。

動物性たんぱく質の配合を抑え、アレルギーを引き起こしやすい穀類で価格を調整していると考えることもできます。

各メーカーの企業努力によりお値打ちになっているドッグフードなのでしょうが、肉類の原材料にはやはり不安が強く残ります。

また、合成着色料と酸化防止剤が犬にとっては好ましくないものが使われているものもあります。

ドッグフードの見た目を良くしても、犬の食い付きが良くなるわけではなく、犬の体にとっていいこことは何一つありません。

犬の健康のために避けたい添加物が配合されているドッグフードは、できたら避けておきたいものです。

家禽(かきん)肉・○○ミールなど、不安な原材料の配合がある

ドッグフード

現在の日本では、原材料や無添加、製法こだわった素晴らしい国産ドッグフードが販売されている一方で、中身が怪しすぎるドッグフードも多く販売されています。

あなたは食品を購入するとき「どんな原材料でできてるの?」とパッケージの裏をチラッと確認しませんか?

もしも自分の食べるものの原材料が気になっているのなら、ぜひ、愛犬のドッグフードを購入するときにも、一度パッケージ裏の原材料表記を一度チェックしてみてください。

そこに書かれているお肉の種類はわかりますか?

あなたが納得できるものが表記されていましたか?

家禽(かきん)肉・家禽肉副産物・○○ミートなどとなっていませんか?

何の肉なのか?どんな部位が混ざっているのか?

あなたが読んだだけでわからないものが書かれていませんか?

注意してほしい家禽肉

ドッグフードに使われている肉類の中で、「ミール」については避ける飼い主さんも増えました。

でも、家禽肉についてはわかりにくい飼い主さんも多いと思います。

家禽とは鶏や七面鳥、あひるなど羽毛を利用するために飼育された鳥の総称です。

ならば、肉類の表記には「鶏」「七面鳥」「あひる」とハッキリ表記しておけばいいのですが、実際には「家禽類」「家禽肉副産物」「家禽ミート」という書かれてしまいます。

どうしてこういったことになってしまうのかと言えば、作る側にとってとっても都合がいいからなんです。

家禽ミール・家禽副産物に使われている部位

頭・足・爪・羽・毛・血液・骨など、肉以外の食用にできない肉を粉状に砕いて作られたものです。

家禽類・家禽ミール・家禽副産物と書いてしまえば、なんの肉か?どこの部位なのか書かなくてもいいため、作る側としては非常に都合のいい方法となってしまいます。

ドッグフードに書かれている「家禽」の表記には注意が必要です。

危険な4Dミートの嘘?本当?

ネットで国産ドッグフードの安全性を検索すると、必ずといっていいほど出てくるのが「4Dミート」

  • DEAD「死亡した動物の肉」
  • DISEASED「病気だった動物の肉」
  • DYING「死にかけだった動物の肉」
  • DISABLED「障害があった動物の肉」

この4つの頭文字からきているのが4Dミートです。

DEAD「死亡した動物の肉」に関しては、農水省のペット用肉骨粉等の扱いにも記載されています。

これを見てみると、屠殺以外で死亡した家畜を利用できることがしっかりと書かれています。

4Dミート

参考:農林水産省

DISEASED「病気だった動物の肉」
DYING「死にかけだった動物の肉」
DISABLED「障害があった動物の肉」

この3点については、使用されている可能性はあるかもしれない。ということしか私達には判断ができません。

危険な4Dミートが使われている可能性があるドッグフードとして注意したいのは

  • あまりにも価格が安いもの
  • 家禽肉・家禽副産物と表記されているもの
  • 「○○ミール」と書かれ、なんの肉・部位を使っているのか表示されていないもの

私たちがドッグフードを選ぶときには、この3つに注意して置く必要があります。

穀物の配合量が多い

私たちが気軽に購入できる国産ドッグフードは、価格を抑えるために穀類が多く使われているものがあります。

人と長く暮らす中で雑食に近くなった犬は、穀類を腸で消化することができるようになりました。

でも本来は肉食動物だった犬にとって、メインとなるべき栄養素は動物性たんぱく質であり、穀類の配合が多すぎると胃腸に負担をかけてしまいます。

また、グルテンを多く含む穀類はアレルギーの原因にもなりやすいため注意が必要です。

添加物の配合量が多い

酸化防止剤、保存料、着色料、香料、添加物などの配合が多いものには注意が必要です。

安価な原材料を使うと、ドッグフードの匂いが悪くなり犬の食いつきが悪くなります。

そのため、香料やコーティング用の油脂を使用し、食い付きを良くするための工夫がされます。

カラフルで見た目が美味しそうに見えるドッグフードは、犬にとってはなんの魅力もありません。

飼い主の購買意欲をそそるために使われているとしか考えられません!

賞味期限を延ばし廃棄コストを抑える!

その理由で、安価なドッグフードには保存料などの添加物がたくさん使用されているのです。

注意してほしいドッグフードの添加物

  • エトキシ・・・日本では人の食品の使用・農薬の使用は認められていない
  • BHA・・・ラットによる試験で発がん性があることが報告されている
  • BHT・・・発がん性・腎臓、肝臓の機能障害を引き起こす毒性の強い成分
  • 赤色○○号/青色○○号・・・合成着色料の種類によっては、発がん性・染色体異常が認められている

酸化防止剤のエトキシン・BHA・BHT・没食子酸プロピルは、安価な大袋のドッグフードに使用されている可能性が高い添加物です。

合成保存料の中には発がん性物質の危険性があるものもあります。

国産のドッグフードは安全だからと言って何も知らずに犬に与えてしまうのは、ちょっと怖くなる話ですね。

国産ドッグフードと書かれていても国産ではない

もう一つ注意してほしいのは「国産」と書かれていても、じつは海外で作られているものがあるということです。

「国産」「日本産」と書かれているドッグフードは、日本国内で製造管理されたものと私たちは考えます。

現在の日本の法律では、海外の材料で海外で製造されたものでも、最後の加工を日本で行えばそれは「国産」になってしまいます

人が食べるものも、ペットフードもこの法律が使われているため「国産」「日本産」と書かれていても、安心はできないということです。

国産ドッグフードと外国産ドッグフードとの大きな違い

ドッグフード

私たちは日本で作られたものに対して、安全で安心だと思っています。

でも、お店に並ぶドッグフードに使われている添加物を見てしまうと誰だって不安になりますよね?

肉に関しての表示があいまいだったり、犬の健康のためには使ってほしくない添加物が配合されていたりと、「いったい日本のドッグフードはどうなってるの!!」と、疑問に感じていませんか?

国産のドッグフードのこうした問題は、ドッグフードが食品ではなく「雑貨」として扱われているためにおきているのです。

国産ドッグフードは「雑貨」外国産ドッグフードは「食品」

日本でドッグフードに関する法律が定められたのは2009年

それまでは日本で販売されているドッグフードを規制する法律はありませんでした。

しかし、ドッグフードは食品ではなく「雑貨」として扱われている日本では、法律がやっとできても不安はなくなってはいません。

添加物の規制については「ちょっと緩いんじゃないの?」とさえ家族としては考えてしまいます。

では、外国産のドッグフードはどうなのかというと、こちらは食品として扱われているため、安全基準は日本産のドッグフードよりも厳しくなっているため、外国産ドッグフードのほうが安全!となってしまうのです。

国産ドッグフードと外国産ドッグフード選ぶならどっち?

疑問と不安

安全基準が厳しい外国産のドッグフードに比べ、雑貨として扱われ不安が残る国産ドッグフード

でも、すべての国産ドッグフードの品質が悪いわけではありません。

法律上は雑貨として扱われていても、家族の一員である犬に安心して食べさせることができる国産ドッグフードを作り販売している会社も沢山あります。

国産、外国産どちらを選ぶにしても、家族である私たちがそれぞれのメリット・デメリットを知っておくことが大切です。

外国産ドッグフードのデメリット

輸送時間にかかる問題

海外から運ばれてくるドッグフードは、輸送に時間がかかることが最大のデメリットとなります。

飛行機なら短時間で運ぶことができますが、輸送コストを抑えるために日本までは船便を使うため時間がかなりかかっています。

ドッグフードの品質を保つための保存料やパッケージの工夫はされていても、国内で製造販売されるものと違って鮮度の点ではマイナスポイントとなるでしょう。

リパック品の問題

ときどき見かける「リパック品」

これは海外から運ばれてきたドッグフードを、日本仕様のパッケージに変えたり、小分けパッケージに詰め替えたドッグフードをいいます。

きちんとした管理の下で行われてリパックでも、一度開封されたドッグフードは酸化してしまうというデメリットもあることを知っておくといいでしょう。

入荷がストップしてしまう危険

外国産のドッグフードは、ときとして日本への輸出がストップしていしまう可能性があります。

めったにあることではありませんが、過去に3度ほど入荷が止まってしまた経験がありますので、危険性は0とは言い切れません。

このときの入荷ストップの理由は

  • 原材料の確保が難しくなった
  • ストによって船が動かなくなった

この2つが理由でした。

外国産のドッグフードを選ぶ際には万が一のことも考え、違う国で作られたものをフードローテーションにしておくことがおすすめです。

外国産ドッグフードのメリット

安全基準が厳しい・原材料の質が高い

外国産のドッグフードは「食品」として扱われるため、原材料の質が高く安心して与えることができます。

また、肉や魚などの動物性たんぱく質が多い、またはグレインフリードッグフードなど、安全面・栄養面でも優れたドッグフードが多くあります。

国産ドッグフードのデメリット

穀類の配合が多いものが多い

小麦

日本の住環境では犬の運動量はさほど多くないための配慮なのか、国産ドッグフードには肉や魚などの配合量が少ないものが多くあります。

穀類はエネルギーを蓄えたり、体重を管理するためには必要な栄養素です。

でも、犬にとって一番大切な栄養素は肉や魚といったタンパク質です。

原材料のトップに炭水化物の表記が多いものは、犬にとってはデメリットでしかありません。

添加物の配合が多い

国産ドッグフードは「雑貨」として扱われるため、どうしても安全基準に不安があります。

添加物の配合、国産と書かれていても原材料や製造が海外といったドッグフードの問題には注意が必要です。

国産ドッグフードのメリット

輸送時間・コスト

外国産のドッグフードは、輸送にかかるコストもドッグフードに上乗せされています。

日本で製造販売されているドッグフードにも、もちろん輸送時のコストはかかっていますが、海外からの輸送コストに比べると、その差はかなり大きいはずです。

輸送にかかるコストは国内のみ

国内だけの輸送のため、ドッグフードの品質劣化の心配がない

この2つは国産ドッグフードが有利です。

国産という安心感

国内の材料を使用し、国内製造という安心感はやはり大きいです。

万が一ドッグフードに問題があったとしても、すぐに連絡、対応してもらえるという安心感はあります。

国産ドッグフードの正しい選び方

ダックスと女性

国産、外国産、どちらにもメリット・デメリットがあります。

ただ原材料や添加物といった問題点考えると、やはり外国産のドッグフードに軍配が上がります。

ですが、国産ドッグフードにも良いものが沢山あり、安心して愛犬に与えることができるものも多くなってきました。

では、どんなことを注意して国産ドッグフードを選べばいいのでしょうか?

ポイントは3つあります。

1・ヒューマングレード以上のものを選ぶ

原材料は人が食べても大丈夫なヒューマングレード以上のものを選んでください。

人が食べることができる材料で作られたものなら安心できます。

2・肉や魚、動物性たんぱく質がメインになっているもの

鶏肉

肉や魚などの動物性たんぱく質がメインのものを選んでください。

国産のドッグフードに多いのが、穀類がメインになったドッグフードです。

本来肉食動物だった犬にとって、動物性たんぱく質のほうが消化しやすい栄養素です。

原材料の一番最初に肉や魚がしっかりと表記されているものを選んでください。

穀類配合?グレインフリーどっち?

犬は炭水化物を消化できないから、グレインフリーがおすすめといった情報もあります。

これは犬は人間のように唾液で炭水化物を消化することができない、ということから書かれていると思われます。

ですが、最近の研究では犬は小腸でデンプンを消化吸収できることがわかってきました。

また、妊娠・授乳中・子犬の離乳期には炭水化物が必要になってきます。

痩せやすい犬の場合には、炭水化物が不足すると体重が増えていかないといった問題点もあります。

小麦はアレルギーが起きやすい、お腹が緩くなりやすいといった問題があるので、犬には避けておきたい材料です。

でも、大麦や玄米などの穀類などは、すべてを排除する理由はありません。

犬の生活環境や運動量などに合わせて選べば大丈夫です。

3・原材料の産地がわかるもの

国産・日本産と書かれていても「じつは原材料は海外産」だということは、私たちが食べるものでもよくあります。

すべての材料を国産にして作ることは難しく、国内ではどうしても入手できない材料もあるのが現実です。

ですが、せっかく国産のドッグフードを選んで愛犬に与えるのであれば、どこが原産地になっているのかを分かるものを選ぶことも大切なポイントです。

4・国内製造のもの

国産ドッグフードにこだわる理由の一つが、長時間の輸送でドッグフードが劣化してしまうことです。

海外で製造され、最終加工が日本であれば「国産」と表記することができるため、このようなドッグウードは結局輸送に時間がかかっています。

安全で安心できるドッグフードを選ぶときには、国内工場で製造されたものを選びましょう。

5・無添加のドッグフード

合成保存料・着色料が使われていない無添加のものを選んでください。

7歳以上の犬の死亡原因トップは「癌」です。

この原因の一つに多くの医師が「長年蓄積された添加物」が影響していると認めています。

下記の添加物が配合されているドッグフードは避けておきましょう。

  • エトキシ・・・日本では人の食品の使用・農薬の使用は認められていない
  • BHA・・・ラットによる試験で発がん性があることが報告されている
  • BHT・・・発がん性・腎臓、肝臓の機能障害を引き起こす毒性の強い成分
  • 没食子酸プロピル・・・発がん性がある
  • 赤色○○号/青色○○号・・・合成着色料の種類によっては、発がん性・染色体異常が認められている

まとめ

  1. 肉や魚、動物性たんぱく質がしっかりと配合
  2. 無添加
  3. 原材料がわかる
  4. 安心の国内製造

犬の健康のために、ぜひこの4つにこだわってドッグフードを選んでください。

ホームセンターやペットで販売されている国産ドッグフードのなかには、最後の加工が「日本」というだけで「国産」なっているものが多くあります。

安価で「国産」と書かれているものには、飼い主としてやはり疑問は持っておいたほうがいいでしょう。

現在の日本では、すべてを国産で作るのは大変難しく、良い材料ですべて作ろうとすると、ものすごく高価なものになってしまいます。

ただ、長期間の輸送にかかるドッグフードの劣化を考えると、安心感のポイントはかなり高いはずです。

愛犬の健康を考え、国産無添加のドッグフードを長く続けるためには、通販サイトでの定期購入やまとめ買いがおすすめです。

本物の国産ドッグフードをぜひお試しください。

Copyright© ドッグフード専科 , 2020 All Rights Reserved.